Bass

例えば「Sunny」のB♭7

投稿日:15/11/2020 更新日:

これを理解すれば、いろいろ謎が解けるものといえば「サブドミナント・マイナー」である。
ドミナントモーションは、さかなクンなら「ギョギョギョ」、タカダ・コーポレーションでいえば「タカダ コ〜ポレ〜ショ〜ン!」と解りやすい。南州太郎の「おじゃまします」は、コンディミに相当する。

「サブドミナント・マイナー」とは、西川貴教の「なんでかフラメンコ」にあたる。借り物だが、インパクトはある。というわけで、「Sunny」の B♭7の部分では、F Drian ということになる。機会があれば、詳しく話そうと思う。

 

-Bass

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Maiden Voyage ⑤

いよいよ終盤に迫ってきました。 「Maiden Voyage 」の5回めで御座います。 前回、「D7sus」=G Major、「F7sus」=Gminor というご提案をいたしました。 一部の地域では …

500 miles high

さて、”500 miles high” であります。勝手に解釈していきます。 1~2小節「Em7」をDrianと解釈し、G Lydian 3~6小節「Gm7〜B♭maj7」をそれぞれ Dorian / …

「#」の数

Judas Priest カッコええ。 赤いフライングVは即買いだなっ。もしギターを弾いていたらだけど…。 「ねえねえ おっさん。楽譜の最初に付いている#って意味あるの?俺って耳コピ派だか …

続・Drop2

Upperは、 Am7(A-C-G) 5度抜き Gm7(G-B♭-F)5度抜き-C7(G-B♭-E)F→Eに下げただけ F△7(F-A-E)5度抜き Bφ(F-A-D)E→Dに下げただけ E7(E-G …

Maiden Voyage ④

Maiden Voyage 4回目でございます。 前回は「D7sus」、「F7sus」のそれぞれのスケールを確認いたしました。 それぞれのモードは以下のようになります。 鋭角的に展開するドミナント・モ …

アーカイブ

カテゴリー