Bass

例えば「Sunny」のB♭7

投稿日:15/11/2020 更新日:

これを理解すれば、いろいろ謎が解けるものといえば「サブドミナント・マイナー」である。
ドミナントモーションは、さかなクンなら「ギョギョギョ」、タカダ・コーポレーションでいえば「タカダ コ〜ポレ〜ショ〜ン!」と解りやすい。南州太郎の「おじゃまします」は、コンディミに相当する。

「サブドミナント・マイナー」とは、西川貴教の「なんでかフラメンコ」にあたる。借り物だが、インパクトはある。というわけで、「Sunny」の B♭7の部分では、F Drian ということになる。機会があれば、詳しく話そうと思う。

 

-Bass

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

500 miles high②

「踊り子さんと踊り子さんの間に出てきます ”アトムおじさん” で御座いまして…。 刺身の「ツマ」ときには「ワサビ」 主役のために身体を張るわけで御座います。 踏切板として、皆さんをジャンプ …

Maiden Voyage ②

前回はD7susについての解釈でございましたが、今回はF7susについて話していきます。想定するスケールは、F Mixolydian、G Aeolian、A Locrian それぞれ半音ずつ加えて、E …

500 miles high①

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。 もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。 しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップ …

良い人

さて、Drop2/Spain編で御座います。 セッションでは「Spain」も度々機会が御座います。 そのようなときも脱力し、家にいるかのような脱力がキーとなります。 https://badass2.c …

Cmaj7→Fmaj7→E♭maj7→A♭maj7

このようなコード進行で、どのようなスケールを想定しますか? Cmaj7→Fmaj7=C Ionian E♭maj7→A♭maj7=C Aeolian つまり、CメジャーとCマイナーを交互に弾いてみてく …

アーカイブ

カテゴリー