Business

社内調整を非合理と見るか?

投稿日:

「なぜ、お願いしなくてはならないのか?」
このように常に非合理性を感じながら仕事をしてきた次第で御座います。

私達は志を同じくする会社(法人)という組織に属し、統一目標を掲げ、それぞれの部署で役割を担う。
そもそも法人の目的は”利益の追求”かと存じます。単純な話で御座います。
胃が口に「もっとゆっくり噛めよ!」とか、
腸が胃に「もっとたくさん食料をよこせ!」など指示が出されるのでしょうか?

胃で働く皆様 各位

お疲れ様でございます。
只今、食料を口に投入いたしました。
10秒後にはそちらに届くこととなるでしょう。
お届けいたしますのは以下の通りで御座います。

●米 100㌘程度…皆様が無理なく消化できるよう炊いて御座います。
●肉(牛肉) 100㌘程度…消化表面積を増やすべく、良く噛んで処理いたしました。
●野菜等 30㌘…御存知の通り苦手なのです。ご了承願います。
●ビール 1㍑程度…予定ですが、量は増えるかもしれません。

ご査収の程、宜しくお願いいたします。

食事を楽しんだり、食事中の会話も程々に、
胃や腸で働く皆様に”お願い”メールを早急に打たなくてはなりません。

右足と左足がこの間の会議で決裂したから、当分の間歩くことは出来なそうだな!
他の部署が何も出来ません。会議前に右足は左足に、左足は右足に根回しが必要となります。

右足:「私が宙に浮いている間、身体を支えてくれてありがとう」
左足:「お互い様です。それはそうと日曜日のサッカーの試合ではボールを蹴らしてね?」
右足:「いやいやサッカーは別だよ!」
左足:「じゃあ 1人で歩け!」

社内調整が合理的に見えてきました。
米と食材では食べませんが、「お膳立て」すれば勝手に食べる。
右足で踏ん張れば、勝手に左足がシュートする。
習慣化することで方法論も進化する。

社内調整=仕事の料理
ビジネスのマネジメントには調理師免許が必須かもしれません。



-Business

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

会議という同質化の儀式

会議も良し悪しである。そもそもエッジの効いたアイデアはセンターからは生まれない。お宝は最先端に埋まっている。ダイバーシティを進めていこうにも、コミュニケーションコストの上がり幅がイノベーターを悩ませる …

縄張り

何を持って合理的なのでしょうか? ブラック企業だろうとホワイト企業だろうと、 異なる部署間でのコンフリクトは不可避であると思う。 このような前提を互いに認識しあう事や調整する部署をあまり聞きません。 …

正攻法

「どうか私に捕まって頂けませんか?私が生きるためにあなたが必要なのです。」 動物が獲物を狩る際、このような方法は採用しないでしょう。 サッカーで、「はい 右隅にシュートしますよ!」も無いし、 バスケの …

アーカイブ

カテゴリー