david-rotimi-R5W3jVYGDLk-unsplash

投稿日:

-

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Maiden Voyage ②

前回はD7susについての解釈でございましたが、今回はF7susについて話していきます。想定するスケールは、F Mixolydian、G Aeolian、A Locrian それぞれ半音ずつ加えて、E …

オルタードスケールを難しく考えないという考え方

伴淳でいうところの「アジャパー」、ロボコンでいえば「うらら〜」で御座います。ノゲイラでいうところの「オモプラータ」、蟻地獄でいうところの「蟻地獄」、HTMLでいうところの「〇〇の画像です」で御座います …

Autumn leaves Analysis ①

今更でございますが、 “Autumn leaves”を分析してみようか?と… ♭が2個付きますので、”B”と”E”が …

500 miles high①

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。 もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。 しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップ …

Maiden Voyage ⑤

いよいよ終盤に迫ってきました。 「Maiden Voyage 」の5回めで御座います。 前回、「D7sus」=G Major、「F7sus」=Gminor というご提案をいたしました。 一部の地域では …

アーカイブ

カテゴリー