500_Miles_High_Analysis①

投稿日:

-

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

500 miles high①

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。 もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。 しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップ …

500 Miles High Analysis ①

以前に解析した記憶もあるかもしれませんが、あらためて”500 miles high”を解析していこうと思います。途中で嫌になったら躊躇なくにやめます。 1〜2小節 Em7。アウ …

Cmaj7→Fmaj7→E♭maj7→A♭maj7

このようなコード進行で、どのようなスケールを想定しますか? Cmaj7→Fmaj7=C Ionian E♭maj7→A♭maj7=C Aeolian つまり、CメジャーとCマイナーを交互に弾いてみてく …

危険な箇所へのお誘い

手を引かれ、連れていかれるところは安全な場所でしょうか? いいえ 違います。 音楽ってドレミファソラシドじゃないの?

500 Miles High Analysis ③

続けます。 B♭Maj7 の構成音は『B♭ D F A』 Gm7の構成音は『G B♭ D F』 B♭Maj7は言ってみればGの無いGm9 Gm7は言ってみればB♭の無いB♭6 ということでB♭Maj7 …

アーカイブ

カテゴリー