Analysis

500 Miles High Analysis ②

投稿日:

A minor penta でいこう!

前回は『Em7』部分をA minor penta で弾きましょう!ということで御座いましたが、

今回も「A minor penta」でいきましょう!というアレです。

もうこうなったら全ての曲をA minor でいいかもしれません。

まあそんなわけは無いので進めて参ります。

Gm7 での音は『D F G A C』とまんま “D minor penta”

『じゃあ D minor penta で!』は、ただそれだけ。

音楽を楽しんでいるか?という深い問いに自問自答するハメになります。

Gm7という事で、G minor pentaは、「G B♭ C D F』これをG dor. としますと、

Am は “Phrygian” となり、Gm上で重要な役割である”B♭”を使う根拠となるとか?ならないとか?

前回の『F#』今回の『B♭』をA minor pentaに加えなんとなくやれば難しいことは抜きで御座います。

-Analysis

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

500 Miles High Analysis ①

以前に解析した記憶もあるかもしれませんが、あらためて”500 miles high”を解析していこうと思います。途中で嫌になったら躊躇なくにやめます。 1〜2小節 Em7。アウ …

Autumn leaves Analysis ②

ていうか今更聞けないのです… なんとなく演奏し、なんとなく時間を過ぎるのを待ち、なんとなく終わって可もなく不可もなく過ごして参りました。まあベースですから アドリブソロとかは直接関係ないの …

500 Miles High Analysis ③

続けます。 B♭Maj7 の構成音は『B♭ D F A』 Gm7の構成音は『G B♭ D F』 B♭Maj7は言ってみればGの無いGm9 Gm7は言ってみればB♭の無いB♭6 ということでB♭Maj7 …

Autumn leaves Analysis ①

今更でございますが、 “Autumn leaves”を分析してみようか?と… ♭が2個付きますので、”B”と”E”が …

アーカイブ

カテゴリー