dharma-2098309_640

投稿日:

-

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Maiden Voyage ②

前回はD7susについての解釈でございましたが、今回はF7susについて話していきます。想定するスケールは、F Mixolydian、G Aeolian、A Locrian それぞれ半音ずつ加えて、E …

500 Miles High Analysis ①

以前に解析した記憶もあるかもしれませんが、あらためて”500 miles high”を解析していこうと思います。途中で嫌になったら躊躇なくにやめます。 1〜2小節 Em7。アウ …

同年代

”Brad mehldau”、”Christian McBride”、”Joshua Redman”…。 良く聴く同年代の方々…。 ”Brian Blade” もその中のひとり …

Autumn leaves Analysis ②

ていうか今更聞けないのです… なんとなく演奏し、なんとなく時間を過ぎるのを待ち、なんとなく終わって可もなく不可もなく過ごして参りました。まあベースですから アドリブソロとかは直接関係ないの …

500 miles high②

「踊り子さんと踊り子さんの間に出てきます ”アトムおじさん” で御座いまして…。 刺身の「ツマ」ときには「ワサビ」 主役のために身体を張るわけで御座います。 踏切板として、皆さんをジャンプ …

アーカイブ

カテゴリー