Life

モホロビチッチ不連続面

投稿日:

モホロビチッチは、地殻とマントルでは、地震の到達スピードが異なる発見をした。

”みんな一緒”という環境では、こうした仮説を立てることは難しい。
出る杭は打たれるということで、出ないことを前提に生活をしていく。
少しでも目立てば、嫉妬と妬みによって削られていく。

削っている人間達は脳内にドーパミンが出ているから、自身を止めることは難しい。
正しい行いに酔っているから、何度でも繰り返すことになる。
傍から見ていると異常に見えるが、当事者はコントロール出来ないようだ。
やりすぎて、相手が可哀想になるまで止めることが出来ない。
メタ認知し、自身はなぜこのような状態になっているか?と問いかければ、
「ああ ドーパミンが出ているからなんだ!」
ハンドルとブレーキを持っていることを思い出す。

特殊な発想を持った人達は、こうした嫉妬や妬みによって減速し、
「みんな一緒」を選択する羽目になる。
集団や組織などの成長も、こうした力学が働いているように思う。

おそらく、妬みのほうが嫉妬よりコントロールが効かない。
骨肉の争いが繰り返される。
歴史書には、そういった記述はほぼ無い。

「私の弟は、私より才能があり、人望もある。何よりイケメンだ。だから、危険な戦争に行かせる。いつか戦死するだろう。だって、長男が弟に負けたらカッコ悪いし、お母さんに怒られるからね。」

特殊な発想を持つ方々は、普通の人が恐いだろうと思う。
深く自身にダイブしているときは無防備になる。
発想も発明も共同作業ということになる。
私もコンバージョンの”1”に過ぎない。



-Life

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歴史の本を信じていいのか?

歴史書は客観的な視点で書かれたものでしょうか? 歴史書やNHKの大河ドラマのように 偉人達は欲求を封じ込め、民のために思いを馳せていたであろうか? 対立する政敵を抹殺し、自身を脅かす有能な部下を貶めて …

また「コフ」で

”丸刈り”は今でこそヘアスタイルのひとつに数えられますが、 小職が幼い頃は、お坊さんか高校球児くらいしか坊主頭を見る機会が無く、 非常にレアなヘアスタイルだったように記憶している次第で御座います。 坊 …

転職後、私は大脳をあまり信用しなくなった

転職したあと、気づきがたくさんある。 転職する前には気づけないから、普段考えていることが全く意味がないとわかる。 PDCAとよく言うが、順番は”Do”を最初にしないといつまでも”Do”でき …

袋ラーメン、サトウのご飯、ときどきパピコ

“隙がある人”に人間は集まるのではないでしょうか。 年収1,000万超えの人の家で食事を御馳走されて、 内容が袋ラーメンとサトウのご飯だったら、生涯の友人に出会えたように感じま …

ゾンビ再生

”家のPC(Vaio)が遅くてイライラする” らしい…。 なるほど普段はそれぞれ”Mac”を使用。 Office関連もMacにて作業する。 年に1回触るか?触らない …

アーカイブ

カテゴリー