Life

距離と角度

投稿日:

人間関係は悩ましいものであります。
夫婦や親子、会社の同僚や上司等、近くの人間との付き合いには技術が必要であります。
逆に遠くの人間との付き合いに問題はあまり発生しません。

そして、自身が見せている角度、相手が見せている角度も認知する必要があるかもしれません。

以前、人事採用の担当だった頃、引き抜きを試みたことがありました。
現在の戦力にAさんが加われば「鬼に金棒」「弁慶に薙刀」という訳で、安易に考えた次第であります。

毎日接するスタッフには不安、不満を覚えました。
それに比べ、少し離れたところから見るAさんは実に魅力的で、どうしても戦力に加えたかった。
Aさん自身の実力も信頼に値するし、現在のスタッフも活性化するだろうという安易な考えで御座います。

360度評価のような多面評価システムが現在では一般的ですが、当時そのような認知もなく、ただ勘に頼るギャンブル人事だったことは否定できません。

別の会社で働くという「距離感」、「お互いの見える角度」

同じ会社で働くという「距離感」、「お互いの見える角度」

全く違う評価になりました。
これには「シャーデンフロイデ」も働くわけで御座いますが、実に勉強になった次第であります。
「親しき仲にも礼儀あり」
「A hedge between keeps friendship green.」
「Love your neighbor, yet do not pull down your hedge.」

近くの人間との付き合いこそ甘えは厳禁、隙は見せられません。
親しくしたいと思う相手とは、距離を置くことが前提となりますね。



-Life

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歴史の本を信じていいのか?

歴史書は客観的な視点で書かれたものでしょうか? 歴史書やNHKの大河ドラマのように 偉人達は欲求を封じ込め、民のために思いを馳せていたであろうか? 対立する政敵を抹殺し、自身を脅かす有能な部下を貶めて …

袋ラーメン、サトウのご飯、ときどきパピコ

“隙がある人”に人間は集まるのではないでしょうか。 年収1,000万超えの人の家で食事を御馳走されて、 内容が袋ラーメンとサトウのご飯だったら、生涯の友人に出会えたように感じま …

また「コフ」で

”丸刈り”は今でこそヘアスタイルのひとつに数えられますが、 小職が幼い頃は、お坊さんか高校球児くらいしか坊主頭を見る機会が無く、 非常にレアなヘアスタイルだったように記憶している次第で御座います。 坊 …

昼寝と悪口

昼寝中、こっそりコブラが近づいてきたら…。 木陰でウトウトしていたら、後ろからコモドドラゴンが忍び寄ってくる…。 これでは昼寝という選択肢は無い訳であります。 神が与えてくれた …

転職後、私は大脳をあまり信用しなくなった

転職したあと、気づきがたくさんある。 転職する前には気づけないから、普段考えていることが全く意味がないとわかる。 PDCAとよく言うが、順番は”Do”を最初にしないといつまでも”Do”でき …

アーカイブ

カテゴリー