Bass

500 miles high

投稿日:

さて、”500 miles high” であります。勝手に解釈していきます。

1~2小節「Em7」をDrianと解釈し、G Lydian
3~6小節「Gm7〜B♭maj7」をそれぞれ Dorian /Lydianと解釈し、 F Ionian
7~8小説「Bm7(♭5)~E7#9」E Alterd
9~12小節「Am7~F#m7(♭5)」G Ionian
13~16小節「Fm7~Cm7」G Aeolian
17~18小節「B7(#9)」B Alterd

ターゲットノートを決めて取り掛かるとします。

とかいいながら、Spainのbacking trackを聴いていたら、MetallicaのOneのsoloが頭の中で重なった。

500 miles high

-Bass

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

500 miles high①

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。 もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。 しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップ …

Maiden Voyage ②

前回はD7susについての解釈でございましたが、今回はF7susについて話していきます。想定するスケールは、F Mixolydian、G Aeolian、A Locrian それぞれ半音ずつ加えて、E …

Maiden Voyage ③

さて、「Maiden Voyage]」の3回目となります。 今回はもう少し深堀りしてみようと思います。 見た感じは難解に見えますが「ドレミファソラシド」が前提としてあれば、 大丈夫ですのでお付き合い願 …

Analyze “Sunny”

さあ ソロが回ってきました。 Here comes the solo. あなたは準備が出来ていますか? Are you ready? 私はいつも慌ててしまい、良い結果を出せません。 I’m …

500 miles high②

「踊り子さんと踊り子さんの間に出てきます ”アトムおじさん” で御座いまして…。 刺身の「ツマ」ときには「ワサビ」 主役のために身体を張るわけで御座います。 踏切板として、皆さんをジャンプ …

アーカイブ

カテゴリー