Bass

500 miles high①

投稿日:

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。
もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。
しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップのために1時間待たすわけにもいかない。ましてやウォーミングアップのために1時間早く来るという殊勝さも持ち合わせていない。
5分前に来て、E Dorian は、なかなかしんどいということを理解してほしいだけで御座います。

あぁ!詩人なら良かった。
指を無理に広げることもしなくていいし…。
トリオゆえの毎曲のソロも廻ってこないし…。

あぁ!コード表記の大文字のところだけみて演奏したい。
自由になりたい。フリーマンだ!白髪鬼だ!
◯Maj7とか◯m7とかは、俺らに関係無いよね?

という訳で、”500 miles high”でソロが廻ってきた際に、さっと誤魔化す方法を考えていきます。

【Em7】
で?Dorianですか?
まだ温まっておりません。
次のG Dorian(E Dorian よりはまし)に備えて、ここは” G Lydian “とします。
【Gm7 B♭Maj7 】
” G Dorian “でいきます。



1周目なんで、迷わない程度にGでいきます。
G Lydian ➡︎ G Dorian

-Bass

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Maiden Voyage ①

さて、ベースソロについて考察してみる。そもそも必要?ビッグバンドでは必要なしですが、コンボでは必要と判断。なぜならば、寿司でいう”ガリ”、イッセー尾形氏的には、「踊り子さんと踊り子さんの間に出てきます …

Diminished #1

魚に指を切られ、凍傷ぎみの指が復活してきた。 魚との激闘のあとは誰でもドミナント7th時、無理してたくさん鳴らすことは避けたい。 釣りの後、2週間はドミナント7th はdiminished scale …

例えば「Sunny」のB♭7

これを理解すれば、いろいろ謎が解けるものといえば「サブドミナント・マイナー」である。 ドミナントモーションは、さかなクンなら「ギョギョギョ」、タカダ・コーポレーションでいえば「タカダ コ〜ポレ〜ショ〜 …

Maiden Voyage ⑤

いよいよ終盤に迫ってきました。 「Maiden Voyage 」の5回めで御座います。 前回、「D7sus」=G Major、「F7sus」=Gminor というご提案をいたしました。 一部の地域では …

Analyze “Sunny”

さあ ソロが回ってきました。 Here comes the solo. あなたは準備が出来ていますか? Are you ready? 私はいつも慌ててしまい、良い結果を出せません。 I’m …

アーカイブ

カテゴリー