Bass

Spain ②

投稿日:

テストにて「猫の調子が悪くて勉強できなかった」とか….。
マラソン大会にて「昨日寝すぎて逆に調子が悪い」とか….。
「とにかく本気では無い」アピールは失敗したときに有効と思い込むあたり、
まだまだ蒙古斑が取れません。

セルフ・ハンディキャップを駆使した前回のSpainの続きで御座います。
スケール的には前回同様で御座います。
A Mixolydian 付近から離れません。
「動かざること山の如し」”山のフドウ”で御座います。
立ち退き要求にも屈することは御座いません。

-Bass

       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Drop2

「俺はカッコいいソロをキメたい」 いいね〜 「よーし!コンディミだ〜、アウトフレーズだ〜」いいね〜 しかしながら… せっかく良い演奏してもバッキングが悪ければ元の木阿弥。 バッキングのボイ …

Maiden Voyage ①

さて、ベースソロについて考察してみる。そもそも必要?ビッグバンドでは必要なしですが、コンボでは必要と判断。なぜならば、寿司でいう”ガリ”、イッセー尾形氏的には、「踊り子さんと踊り子さんの間に出てきます …

Cmaj7→Fmaj7→E♭maj7→A♭maj7

このようなコード進行で、どのようなスケールを想定しますか? Cmaj7→Fmaj7=C Ionian E♭maj7→A♭maj7=C Aeolian つまり、CメジャーとCマイナーを交互に弾いてみてく …

Maiden Voyage ④

Maiden Voyage 4回目でございます。 前回は「D7sus」、「F7sus」のそれぞれのスケールを確認いたしました。 それぞれのモードは以下のようになります。 鋭角的に展開するドミナント・モ …

500 miles high①

今更ですが、ベースで“E Dorian”はしんどい。 もちろん1時間程度ウォーミングアップしてからなら問題御座いません。 しかしながら、他のメンバーをベースのウォーミングアップ …

アーカイブ

カテゴリー